山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。

今年も酒類販売管理協力員の募集が行われております。

酒類販売管理協力員……なんじゃそりゃ?って話ですよね。

酒類販売管理協力員とは……!
酒類小売販売場における未成年者飲酒防止に関する表示の遵守状況等を確認し、その内容を所定の用紙に記載して、業務を行う地域を管轄する税務署へ提出するお仕事です!

国税庁は酒類業の所管官庁なので、こういった調査もしているようです。
募集人数は全国で2,000名程度の狭き門です。
ご興味のある方は是非!





税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
こんにちは。
桜の季節到来ですね。
お花見といえば……そう、お酒ですよね?

お酒に関する出版物は数多く存在しますが、今回ご紹介するのはコチラ。
国税庁課税部酒税課『酒のしおり』。

税収や税率、販売数量、製造工程図まで網羅!
若者の酒離れも具体的な数字で実感!
まさに『酒のしおり』!
その名に恥じない充実した内容となっております。

お酒好きの皆様、是非ご一読ください。





税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
おはようございます。


2015年もいよいよ大詰めとなってまいりました。


今年も様々な情報を提供してまいりましたが、


来年もより一層お役に立てるよう税金に関する情報を中心に


皆様に提供していけるよう頑張りますので、ご愛読いただきますよう


よろしくお願い致します。


今年一年ありがとうございました。


よいお年をお迎えください。


さとう



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!


週刊ダイヤモンドの7/18号でも特集されましたように、
「マイナンバー」に関する特集記事が、
雑誌や新聞などでも、多くなっております。


では、その影響はというと、
一体どういうものがあるのでしょうか。


先月の9/3には衆議院で、マイナンバーの範囲の拡大も可決されて、
平成30年から預金口座も対象となり、個人・法人の資産も透明性
が高まることとなります。


マイナンバーは、平成28年1月から制度ごとのシステムで付番されて、
平成29年から各システムの情報連携がなされます。
(つまり平成29年から、各種の情報が総合的にリンクします)


マイナンバーが始まると、一気に情報が連動するイメージがありますが、
実は、国税庁は、昔から法定調書という形で、様々な情報を集めていました。


その数は、59種類から構成されております。
(えっ、そんなに!?という印象ですが、税務署はこうした情報を集めていました)


代表的なものとして、「給与所得の源泉徴収票」や「報酬等の支払調書」などが知られておりますが、
その他にも、「不動産の使用料に関わる支払調書」、「特定口座年間取引報告書」、「国外送金等調書」
など、金融機関や保険会社、海外への送金など、多岐に渡って、情報収集を行っていました。
(割符のようなもので、申告された情報と辻褄が合わなければ、税務署から連絡があります)


これらにマイナンバーが振られることにより、税務署も一元的に情報管理が行えますし、
社会保障関連など今まで連動していなかった情報と連動することにより、
複合的な視点で、法人や個人の情報が整理されます。


正直に手続きを行っていれば、何も怖いものはないのですが、
情報が一元管理されるのは、何か気持ち悪くはあります。。


奥山


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
こんばんは

ゆーかり倶楽部委員会よりお知らせいたします。
来る9月17日、平成27年第5回ゆーかり倶楽部を開催致します。

今回は弁護士である『辻 佳宏』先生をお招きし、

『 債 権 回 収 』についてご講演いただきます。

皆様のご参加、心よりお待ちしております。

電話:03-5351-0800 高橋

高橋



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!


8月末日を持って、一人の社員が卒業します。


紅一点として、活躍されましたが、おつかれさまでした。


これで、事務所の平均年齢が、何歳か上がってしまいそうです。。


奥山


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
こんにちは!
猛烈に暑い日が続いております。
前年より10度は暑いんじゃなかと感じてしまう毎日です。

そんな時期に毎年税理士試験があります。
一昔前では、試験会場にエアコンが設置されていなかったこともあり、汗だくで手に問題用紙が貼りついたり破けたりという中での闘いだったようです。なかには、水着で受験されている方もいたとかいないとか・・・・

例年、8月の上旬が試験期間なのですが、今年はお盆明けの18日から試験が始まります。夏休みなどなしですね。

国税庁より今年の税理士試験の受験申込者数の発表がありました。
トータルで74,212人だそうです。(前年比6%減)
県別に見てみますと、東京33,269人、大阪14,095人、愛知6,066人、埼玉4,635人、福岡4,418人の順です。
科目別ですと、簿記論21,226人、財務諸表論16,967人、消費税12,513人、法人税7,978人、相続税5,208人の順です。
どの科目も年々減少しておりますが、消費税や相続税は減少幅が他の科目と比べると少ない状況で、今の税制の状況を考えさせられます。

そんな中唯一、増加している科目が酒税法でした。人気があるんですかね。
そして受験申込者数が増加している県がありまして、熊本と沖縄です。なぜだかはわかりません。

残り2週間ほどです。
皆さん頑張りましょう。私も頑張ります。

原田

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!







今回は税理士と公認会計士の違いについてご紹介したいとおもいます。

お客様のところにお伺いさせて頂くとお客様によっては私(達)のことを「会計士さん」とおっしゃっていただく事がままございます。
私(達)にとってはどちらでも構わないのですが厳密には違うのです。

公認会計士とは原則的には、財務書類の監査又は証明をすることを業とする職業のものをいいます。

私達税理士は税務代理、税務書類の作成、税務相談を生業にするものをいいます。

とっても簡単に言うと、上場企業に関する業務は公認会計士、中小企業は税理士が担当します。
(もちろん上場企業にタッチしている税理士さんもたくさんいますが)

実は会計士と税理士という分業制は国際的にみるととても珍しい制度です。

国際的にみると、会計士という資格ですべて包括的に業務を行っています。

昨今の会計業界では国際的な制度に歩み寄ろうとしてます。

20年後、30年後には会計士、税理士という分業は無くなり統合されて新たな名称の資格になっているかもしれませんね。

私達会計人は今後のために、現在の公認会計士は税務を、税理士はもっと監査や国際的動向を知らなければならないかもしれないですね。

いずれにせよ、お客様の利益のために私達はいつでも日々努力をしております。

重川

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!



プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード