山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
平成22年の税制改正で、15歳までの子供の扶養控除がなるなることが決定しました。


ところで、サラリーマンの方が毎月の給料から天引きされている源泉徴収ですが、
給料に応じてその額も大きくなり、扶養の人数も加味されています。
(つまり、同じ給料をもらっていても扶養が多い方ほど、源泉徴収額は少なくなります)


その控除がなくなると、結果として増税となります。


その代わりに登場してきたのが、ご存知、子供手当です。


その支給の第1回目が来月の6月となりますが、
対象の家庭のみなさま、受給の申請をされましたでしょうか?


子供一人当り、月額2万6千円ですが、
平成22年度については、半額の1万3千円が支給されます。 


ところで、廃止となる扶養控除はといいますと、
平成23年(暦年)からの適用となります。


つまり、今年の12月までは、子供手当を貰う分だけ、
得をしてしまう勘定になってしまいます。
(お金の出処は、税金なので、納税者としては複雑な気分となりますが・・・)


その支給時期の方はといいますと、
2月、6月、10月の年3回になります。
(語呂合わせで、ニッコリ、むふふの、父さん、というところでしょうか(^^)
ニッコリ、むふふの、母ちゃんのご家庭の方が多いかもしれませんが。。)


シングルの自分には、指をくわえてみているしかありませんが、
子供は未来の宝なので、15歳未満の子供がいる家庭を支援するこの制度には賛成です。


※ちなみに、児童手当を受給されている方は、申請不要です


奥山
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード