山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
敷金をめぐるトラブル

 居住用賃貸の敷金返還に関しては、数年前に施行された
 いわゆる「東京ルール」により、ここ最近はトラブル
 が減少しているようだ。

 しかし、今だに退去時に故意・過失に基づかない、
 通常の経年劣化や損耗の程度を一切考慮せずに、
 敷金の半分を一律に差し引く「特約条項」を
 盛り込んだ契約もあるようだ。

 宅建業者が仲介する場合には、重要事項説明の一段階前に
 「東京ルール」の説明を別途しなければならず、
 その段階で借り受け人は当該特約を認識できるので、
 当事者が納得したうえ(当事者の意思に基づくの)であれば、
 契約自由の原則により問題はないともいえる。

 しかし、実際には借り受け人は当該特約を受け入れなければ
 ならない事情もあるだろうし、借り受け人の足元をみたような
 状況下での特約設定は、個人的にはいかがなものかと感じる。
 
 いくら「説明書」や「契約書」に定めた特約とはいっても、
 退去時には当該特約の有効性について争いが生じる余地が
 あるように思われる。

                   宮部
 
 
 
 
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード