山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
 相続税の抜本改革案として有力視されている遺産課税方式への関心が高まっています。


 相続税の課税方式は現在、法定相続人数をもとに相続税の総額を算出し、それを実際の相続分に応じ按分して課税する法定相続分課税方式が採用されています。
仮装分割への対応や分割困難な資産相続への配慮といった観点に立っていますが、
他の相続人が取得したすべての財産を把握しなければ税額計算ない、
取得した財産が同額でも相続人数によって税額が異なる場合がある、
などの不合理な点も多いです。


 このため、前自民党政権下では、遺産取得課税方式へ見直す方向で議論が進められました。
これは各相続人が実際に取得した相続財産に対して個別に課税する方法で、
取得額に応じた累進税率を適用するため担税力に応じた課税ができます。
平成21年度税制改正大綱に盛り込まれましたが、景気対策優先との理由で見送られた経緯があります。


 そして、政権交代によって最有力候補に躍り出たのが遺産課税方式です。
これは、被相続人の遺産総額そのものに課税するというやり方です。
民主党がかねてより主張してきたもので、遺産分割の仕方によって相続税の総額が変わることがないため税務の執行がしやすいという利点がある一方で、各相続人の取得額に応じた累進税率が適用されないため、担税力に応じた課税という点では限界があるという指摘もあります。


 この遺産課税方式が導入されると、相続人の税負担はどう変わでしょうか。
父親が残した1億円の財産を子供2人で相続(8千万円と2千万円に分割)したケースで比較してみますと、
法定相続分課税方式による相続税総額は350万円であるのに対し、
遺産課税方式では400万円。
後者の方が税負担が重いのは高い累進税率が適用されるためです。
ちなみに遺産取得課税方式による相続税総額は700万円。


 民主党は課税ベースの拡大や税率構造の見直しも視野に入れており、税収は社会保障の財源とすることも明確に打ち出しています。
どこを動かしても税負担に大きく影響するため、議論の行方に資産家層の注目が集まります。


この改正も目が離せません。
三橋
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード