山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
おはようございます。今週は、雨の日が多く非常に寒くて嫌になりますね


さて、今朝ニュースでもやっていましたが、来年から始まる裁判員制度の裁判員候補者名簿に登録された方に「お知らせ」が11/28(今日)順次発送されるようですね。

※20歳以上の日本国民が対象、全国29万5027人に発送。また、裁判員制度は2009年5月21日からスタート。


この通知が届いたからといって、すぐに裁判所に出向く必要はなく、来年もしかしたら裁判員に選任するかもしれませんので、その際はヨロシク!という心づもりを前もってしてもらう為の通知のようですね。


参照URL:よろしく裁判員


裁判員の選任で気になるのは、辞退できるか否かですよね。


Q:育児や介護で忙しい場合に裁判員を辞退することが認められますか?仕事が忙しい場合はどうですか?


A:裁判員を辞退することは原則として認められませんが、裁判員法が定める事由に該当する方は、例外的に辞退を申し出ることができます。
具体的には、年齢が70歳以上の方、会期中の地方公共団体議会の議員、学生、生徒などは、辞退を申し出ることができます。同居している親族の介護や養護を行う必要があるために裁判員の職務を行うことが困難な場合にも、辞退の申出が可能です。
また、単に「仕事が忙しいから」という理由で辞退することはできませんが、その方が用務を処理しなければ事業に著しい損害が生じる恐れがある場合には、辞退を申し出ることが認められます。


(結構厳しいですね・・・)

やむを得ない理由としては


・重い病気又はケガ
・親族・同居人の介護・養育
・事業上の重要な用務を自分で処理しないと著しい損害が生じるおそれがある。
・父母の葬式への出席など社会生活上の重要な用務がある。
・妊娠中又は出産の日から8週間を経過していない。
・重い病気又はケガの治療を受ける親族・同居人の通院・入退院に付き添う必要がある。
・妻・娘の出産に立ち会い、又はこれに伴う入退院に付き添う必要がある。
・住所・居所が裁判所の管轄区域外の遠隔地にあり、裁判所に行くことが困難である。


といったものが例として挙げられるようです。

やっぱり「面倒くさい」は当てはまらないですね~


Q:裁判員の職務が終わるまで職場を離れることで、勤務先から解雇される心配はありませんか?


A:そのような心配はありません。
労働基準法7条は、労働者が「公の職務を執行するために」必要な時間を請求したときには、使用者はこれを拒んではならないことを定めています。そして、裁判員の職務も「公の職務」に当たりますので、裁判員としての職務が終わるまでは職場を離れることが認められなければなりません。裁判員法も、労働者が裁判員の職務を行うために休暇を取得したことなどを理由として労働者に対して解雇その他の不利益な取扱いをしてはならないことを明記しています。


(現実的には、代替となる者がいなければ、仕事は溜まるし、迷惑をこうむることは容易に想像できますよね・・・)


会社が、労働者に不利益な扱いをしたり、裁判に出頭させなかった場合には、「6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金」という罰則が科せられるようです。



ちなみに、裁判員に選ばれた場合は、日当が出るみたいですよ。


具体的な額は、選任手続や審理・評議などの時間に応じて、裁判員候補者・選任予定裁判員については1日当たり8000円以内、裁判員・補充裁判員については1日当たり1万円以内。


この日当は所得税でいうところの「雑所得」として取り扱われますので、 確定申告等を行う必要がある場合も考えられます。
この日当は、裁判員や裁判員候補者等の職務に対する報酬ではなく、それらの職務を行うに当たって生じる損害(例えば、裁判所に来るための諸雑費や一時保育料等の出費、収入の減少など)の一部を補償するものですので、源泉徴収は行いません。



裁判員には選出されたくないけど、年末ジャンボは当選したいですね。

高澤
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

裁判員制度【さいばんいんせいど】とは?

トラックバック お許しください(^^「裁判員制度」に関するブログにお邪魔しております。よかったら覗いてみてください。 裁判員制度【さいばんいんせいど】とは?【2008/11/29 18:01】

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード