山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
ふるさと納税は、平成20年度税制改正で創設される予定の税制で、個人住民税における寄付金控除の新しい類型です。その内容としては、実質的に寄付をした地方公共団体に納税したのと同じ効果が得られるように税額控除方式がとられています。


1.対象となる寄付先
ふるさと納税は、都道府県、市町村に対する寄付金が対象になります。寄付先は特に制限されていないので、ご自身の出身地はもちろん、好きな地方公共団体を選択することも可能です。


2.控除額の計算
ふるさと納税は、所得税の寄付金控除と合わせて利用するので、若干複雑な計算方式をとっています。また、住民税の10%までとする限度額が設けられていますが、基本は寄付=住民税納税の前払いとするものです。一般的な控除額の計算は下記の①+②になります。なお、ケースは少ないと思いますが分離課税所得しか有しない場合などは計算方法が異なります。


表1(ふるさと納税における寄付金控除額)
   ①(地方公共団体に対する寄付金-5000円)×10%
   ②(地方公共団体に対する寄付金-5000円)×控除割合50%~90
   ②は、住民税所得割の10%が限度とされます。
   ①と②の合計額は、総所得金額の30%が限度とされます。


3.時期は
ふるさと納税は、平成21年度分住民税から適用されます。


前田
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード