山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
私事ではありますが、先日、父親が還暦を迎えました。
なぜ古来より還暦を祝うのかが気になったので調べてみました。


「還暦(かんれき)とは、干支(十干十二支)が一巡し、起算点となった年の干支にふたたび戻ること。従って、満60歳となる年の1月1日に還暦を迎える事になる。以後、その年は「今年、還暦を迎えた」の様に表現する。(還暦と)満60歳の誕生日とは無関係だが、還暦祝いは満60歳の誕生日を中心に行なわれることが多い。


なお、法律では満年齢は誕生日の前日にプラス1されるので、1月1日生まれの人の満60歳の誕生日は還暦の前年の12月31日となる。これではおかしいので、世間一般における満60歳となる年と考えれば、前記の説明で問題無い事になる。


また年齢の数え方は、昭和30年過ぎまで「数え(数え年)で何歳」と表現されていた。元々、数え年における元日は当然太陰太陽暦であるいわゆる旧暦の1月1日 (旧暦)であるが、昭和30年当時既に太陽暦であるグレゴリオ暦の元日で数え年で「1つ年を取る」事は完全に定着していたので、現在では還暦や古稀について太陰暦の事を意識する必要までは無いと言える。


通常は人間の年齢について言い、数え年61歳(≒満60歳)を指す。本卦還り(ほんけがえり)ともいう。
また、120周年を大還暦(だいかんれき)、30周年を半還暦(はんかんれき)という。」


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


と、まぁ書いてはありますが、単純に昔は平均寿命が短かったからかな、とも思いますね。
古来稀なる古希のお祝い(70歳)までいかなくとも、60歳まで生き延びれば充分めでたい!という感覚だったのではないかと。


赤いちゃんちゃんこや肌着を贈るつもりはさらさらありませんが、食事会と若干値の張るプレゼントでお祝いしたいと思っています。


飯島






スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード