山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
Q 随分前のことですが、自営業者の友人XがY社から資金を借り入れる際、Xに懇願されて連帯保証人となりました。ところが、その後Xは一家で夜逃げしてしまい、連帯保証人である私がY社から支払いの請求を受けることになりました。

 そこで、それ以降は私がXに代わって返済を続けて来たのですが、Xの行方がわからなくなってから、すでに5年以上が経過し、Xの貸金債務は時効消滅したのではないかと思います。そのような場合にも、連帯保証人である私は支払いを続けなくてはいけないのでしょうか。



A 主たる債務者であるXの貸金債務は商事債権ですので、5年の期間の経過により、時効消滅するのが原則です。


 したがって、時効が中断されていない限り、主たる債務の消滅時効は完成しており、連帯保証人であるあなたは、これを援用して以後の支払いを免れることができます。連帯保証の場合も含め、保証債務は主たる債務を前提としているため、主たる債務が消滅すれば、その効果は保証債務にも及ぶとされるからです(保証債務の附従性)。


飯島


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード