山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
確定申告に追われる日々が続いております。
残すところあと2日です。


疲れたなぁ‥‥とか、早く終わって欲しいなぁ‥‥とか、色々と考えていますが税理士事務所としては稼ぎどきですので頑張らなければなりません。
皆一致団結して3月15日まで突っ走ることでしょう。


ただこの時期のブログ当番はこたえますね。しかも所得税一色のこの時期誰も法人税には見向きもしません。


‥‥が、今日も法人税マメ知識をお送りしたいと思います。
今日は『 購入した分譲マンション(一室)の管理組合に対する修繕積立金は費用として計上できるか? 』についてです。


結論から言うと、修繕費として一時の損金と出来ます。


原則、管理組合等の外部団体への修繕積立金の支払いは、使用するときまでは前払費用としておき使用した時点で資産又は損金にすることとなっております。
ただし、重要性の見地からマンションは区分所有であり占有面積部分のみの負担金であることや長期間に渡る支払いのうちの月割り金額であることが影響して少額であることと、外部団体への支払いでありながら使用目的が限られており管理組合の決定でしか使用できず実際の修繕の支払いが相当期間先であること等により一時の損金として問題がないとされています。


しかし、数年分の修繕積立金を一括して支払ったときや自己所有ビルの修繕積立金を支払ったとき、そして分譲マンションであっても大部分の部屋を購入したことにより金額が多額となる場合には前払費用とすべきでしょう。


原田
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード