山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今日は相続税の小規模宅地等の特例について、基本をお話します。


この特例は、一定の要件を満たせば相続した土地の評価が最大8割引
(割引という表現が正しいかどうかは不明)になるという制度です。


要件は細かい規定があるので、次回以降のいつかに述べます。
今回は、どのような制度かだけをご紹介させていただきます。


小規模宅地等といわれるものは、大きく分けると特定居住用宅地等
・特定事業用宅地等・特定特例対象宅地等の3つかなと思います。


このように分かれている理由は、それぞれの要件の違いと適用の範囲の
違いからであると思います。


例↓
特定事業用宅地等⇒相続した土地のうち400㎡までの部分・評価減80%
特定居住用宅地等⇒相続した土地のうち240㎡までの部分・評価減80%
特定特例対象宅地等⇒相続した土地のうち200㎡までの部分・評価減50%


というような感じ。それぞれ適用地積や評価減の限度が微妙に異なります。
とりあえず、具体例を2つぐらい紹介しておきます。


<仮定その1>
土地の地積 500㎡
特定事業用宅地等の適用有り
特例適用前の土地の評価額 1億円


評価減の金額 1億円×400㎡/500㎡×80%=6,400万円
課税価額   1億円-6,400万円=3,600万円


<仮定その2>
土地の地積 150㎡
特定特例対象宅地等の適用有り
特例適用前の土地の評価額 1億円


評価減の金額 1億円×150㎡/150㎡×50%=5,000万円
課税価額   1億円-5,000万円=5,000万円


とまぁ、こんな感じになるのかな?
ちなみに、各相続人がそれぞれ400㎡ずつとか受けられるわけでは
ありませんのでご注意下さい。
1回の相続財産全体で最大400㎡まで(特定事業用宅地等の場合)です。


あんまり良くわからないという方は、近くの担当者に聞いて下さい。
わかる人はわかります。

トップページ
東京都中野区本町3-30-14  TEL03-5351-0800
コアシティ中野坂上406   FAX03-5351-0801


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード