山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今日は生前贈与加算について。


生前贈与加算とは、相続税を計算する際に、相続開始の日前3年以内に贈与が
あった場合には、その贈与した財産は相続財産とみなして相続税の金額を
計算します。


なぜこのような制度があるかというと、実は贈与税というのは相続税の
補完的な性格を持つものなのです。
本来は贈与財産を全て相続税の計算上相続財産に組み込みたいところなのですが、
そうすると途方もない事務手続きがかかり、実際そんなことをやったら
税金を計算するだけで、お金と時間と手間がかかり過ぎてしまいます。
そこで、まぁ、3年分だけでいっか・・・と誰かが言ったのかどうかは
知りませんが、とりあえず3年分だけで良いよということになっているようです。


ただ、3年分の贈与財産を相続財産とみなすだけだと贈与税も取られて、
更に相続税まで取られてしまうことになるので、この場合には、
支払っている贈与税があればその金額は相続税から控除するという制度に
なっておりますのでご安心下さい。


また、相続前3年以内にした贈与が全て相続財産となるかといえば、
そういうわけではなく、相続により財産を取得した人が贈与を受けたものに
限られます。


蛇足↓


贈与税には非課税枠が110万円あります。
生前贈与加算は、相続により財産を取得した人に対してしか適用は
ありません。
そう考えると、相続人になると推定される人以外の人に財産を渡していけば
効果的な節税対策ができる・・・かも。


例えば、息子の息子・・・要は孫に贈与すれば、相続が発生した段階で
息子が相続財産を取得しても孫に贈与されたものは加算されませんし、
息子が相続する財産は減りますが、結局のところ同じ家庭の中に入ってくる
ものなので効果は変わらないかなと・・・家族の仲が良い場合に限られますが。


その他にも、まだ元気な頃から少しずつ非課税枠の範囲内で贈与していけば、
その分だけ相続財産が減っていくわけですので、相続税も減少していきます。
早いうちから対策をしていれば問題はないように思います。


トップページ
東京都中野区本町3-30-14  TEL03-5351-0800
コアシティ中野坂上406   FAX03-5351-0801
 



スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

贈与税

こんにちは!突然のトラックバック失礼します。よろしければ贈与税について情報交換しませんか? 税金・節税対策の基礎知識【2006/12/03 19:09】

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード