山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
 土地付建物を譲渡し、譲渡所得の申告をしなければならない場合において、そういえば土地付建物を同時に買ったけど土地がいくらで建物がいくらなのか売買契約書をみてもわからないっていう時があります。
 その場合に、その売買金額の総額がわかっていれば、建物の標準的な建築価額を使って建物の金額を算定し、残りが土地部分にかかる金額というように計算することができます。
 売買価額の総額はちゃんとした契約書なり領収書なりがあれば一番良いのですが、とある税務署によると、メモ書き程度のものでもとりあえずは大丈夫なようです。当然、メモ書き程度では後で税務署から突っつかれる可能性も多分にあるようですが。

 で、その標準的な建築価額はどうやって求めるかというと↓
建物の標準的な建築価額表による建築単価×建物の床面積(延べ床面積)
 です。

 この表は「譲渡所得の申告のしかた(記載例)」という税務署にあったり、税務署から送られてきたりする冊子にも載っています。
 
 注意点としては、売買契約書や領収書に消費税が記載されており、それを割り返せば建物部分の取得価額が計算できるような場合には、その金額を使用しなければならないところです。

税理士 山下事務所
東京都中野区本町3-30-14  TEL03-5351-0800
コアシティ中野坂上406   FAX03-5351-0801



スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード