山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
 消費税には、原則的な課税方法と簡易的な課税方法があります。怠け者な私は、説明し易い方、つまり簡易課税方式を説明します。
 簡易課税方式とは、その期の売上に一定率を乗じて課税仕入れとみなす金額を算定し、その課税売上からその課税仕入れとみなされた金額を差し引いて、それに消費税率を乗じて納付税額を計算するというものです。。。わかりづらいですね(^^;

 算式で書くと↓
 {売上-(売上×一定率)}×消費税率
 です。こう書いた方がわかり易いですかね?

 次に一定率とは何か?というと、事業の種類ごとに決められています。↓
第1種事業
   卸売業 90%
第2種事業
   小売業 80%
第3種事業
   製造業、建設業、鉱業、農林水産業等 70%
第4種事業
   飲食業、金融・保険業等(第1、2、3、5種に該当しない事業) 60%
第5種事業
   不動産業、運輸通信業及びサービス業(飲食店業を除く) 50%

 卸売業・小売業等みなし仕入率が高い業種は簡易課税の方が有利であることがほとんどなのですが、、この簡易課税制度を利用するためには、届出書を税務署に出さなければいけなかったり、タイミングが悪いと戻ってくる消費税が戻ってこないなんて事態になる可能性もあるので、利用するかどうかは、適当な税理士に相談してからの方が良いかと思います。

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード