山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
所得税マメ知識6回目です。
今回のテーマは、「サラリーマンの方の給与から差し引くことが出来る経費」についてです。

「サラリーマンに経費なんか認められていないよ!」

その通りです。
通常はサラリーマンの方の給与所得については実際に支出した経費(スーツやカバンなど買ったりますよね)があっても費用としては認められません(一方、事業をされている方の作業着などは費用として認められます)。

その代わりに、一定の金額を差し引くことが出来ます。「給与所得控除額」といい、年収の金額によってあらかじめ決められているものです。
一種の経費の見積もり金額ですね。「年収がこれくらいなら、経費は大体この位かかっているんじゃないの。」っていう感じのものです。

しかし、認められる支出も実はあるんです。

単身赴任者が奥さんや子供の住む家に帰る費用などがこれに当たります。

ただし、費用として認められる金額は、「1年間に実際にかかったこの支出から給与所得控除額を超える部分の金額」と決められています。
例えば、年収600万円の方でしたら、給与所得控除額は174万円となりますので、実際の支出が174万円を超えなければこの適用はありません。
なかなか、難しいですよね。

なので、この適用を受けている方は年間数人程度のようです。

サラリーマンにも経費を認めてほしいですね~。

                             坂巻


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード