山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
 最近、新聞紙上等で景気回復に関する記事をよく目にするようになった。
マンション販売の依然の好調ぶり、そして今日もこんな記事が。
 ― 街角で感じる景気の回復に勢いが増してきた。
 まずは、人の動きを示すタクシーの実写率。東京の中小タクシー六十五社が加盟する東京無線協同組合によると、1月の実写率は44.2%。前年同月比1.9ポイント上昇した。昨年11月の1.2ポイント、12月の1.7ポイントから上昇幅が拡大した。実写率は、激戦地の大阪でも上向きに転じた。大阪では規制緩和で2000年から3年間に車両数が1割増えたが、昨年4-12月の実写率は04年度比で0.4ポイント上昇した。
 旅行を見ると、ニッポンレンタカーサービスノの個人向け車両貸し出しの売上高は05年10月-06年1月に前年同期比7%増となった。特に旅行会社経由の注文がよく、「観光目的の個人利用が全体の伸びを牽引している」
 物の動きも好調だ。「宅急便」を含むヤマト運輸の1月の小口貨物取扱実績は前年同月比17.2%増。昨年9月-12月に11-15%だった伸び率は更に拡大している。
 回復してきた個人消費は高級品やサービスの売上がけん引役だった。例えば帝国ホテル。宴会・飲料部門の1月の売上高は前年同月比8%増だった。1月の前年比プラスはここ数年なかったという。ホテルにある高級フランス料理店は、昨年4-12月に客単価が前年同期比25%増で推移したが、「2月もその勢いは続いている。」という。
 街角景気の勢いが増しているのは雇用や所得環境の改善だ。昨年10-12月期に企業勤めの雇用者数は5,415万人と前年同期に比べて1.2%増加。正社員の採用も増えている。実質賃金も同2.0%上向いた。
 内閣府は景気を肌で感じやすいタクシー運転手ら約2,000人を対象に景気ウォッチャー調査を実施している。1月まで9ヶ月連続で「よい」と判断できる境目の50を超え、2-3ヶ月先も明るい見通しが広がっている。―
 最近人の心を憂鬱にさせる話題が多い中、明るさをくれる記事でした。
 

佐藤
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード