FC2ブログ
山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは、山下事務所所員ブログの中の人です。
12月に入り、クリスマス、忘年会、総括、おせち、大掃除と
イベントが盛沢山!そして、忘れてはいけないのが年末調整。
一年間従業員の所得税を精算するイベントとなります。
保険とか住宅ローン控除とかがあるため、多くの人は還付となります。

経理さんが年末調整を行う中で、恐らく一番手を焼いているのが
配偶者控除ではないでしょうか。なぜなら年末調整をするのがだいたい12月
そこで配偶者の所得見込み金額を基に税金を計算するわけですが、
実際の収支は1月の時に配偶者が源泉徴収票をもらってみたら、
なんと当初申告した所得見込みより金額が増えたり、減ったりすることは
あります。

所得(収入 - 給与所得控除)例:
当初年間所得見込み:80万円
実際年間所得金額 :90万円
年末調整の手続きが全部終わり、1月に入ってから配偶者の源泉徴収票
が提出され、訂正が必要になった!なんてことも珍しくない。

この場合の対処方法はというと、再年末調整をして対応することができます。
以下国税庁参考リンク:
http://www.nta.go.jp/users/gensen/haigusya/pdf/koujo_faq.pdf

今までは103万円の壁と呼ばれ、パートをしている奥さんたちは12月の出勤
を抑え、年収をコントロールしていましたが、配偶者控除の金額改定により、
この壁は低くなりました。
もし見積もり額と実際の所得額に相違があり、税額が変更になる場合
再年末調整をし、少し手間が増えても、正しい申告をしましょう。
でないと後々税務署から問い合わせが来て、修正したりする羽目になります。

大倉

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!



 

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード