FC2ブログ
山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
おはようございます。

本日は土曜日ですが、山下事務所、全員の出勤となっております。
1年の春と秋の2回、金曜土曜を使っての研修を行っているからです。
昨日に引き続き、これから1日頭を使います。
頭を使って、夕方には熱でも出てきたら作文する気にならない気がするので、朝のうちに書いてしまいます。
 
さて。
前回、未払い残業代の請求を受けた場合に法人側の取り扱いを書きましたが、今回は個人の側の取り扱いを。
 
前回のところで少し触れましたが、未払い残業代の請求について合意がなされた場合、個人についてはその残業代が発生した年分の所得となります。
ただ、現労働者と合意が成立するならば、一括で支給する年の賞与として取り扱うことも可能とされています。
(年末調整やらのやり直しを考えると、限りなくこちらの方向でいきたいですね)
これらは、年分の違いはあれど、いずれも給与所得として処理されます。
 
あと、未払い残業代の請求には、併せて利息に相当する遅延損害金や、労働基準法に規定する付加金を請求されるケースも。
この遅延損害金は、他の所得のいずれにも該当しないということで、雑所得で処理されます。
付加金とは、これは、裁判所が悪質と認める範囲で、労働者が使用者に対しての未払い賃金と同額を支払うことを命ずるもの。
倍返し、ですね。

この付加金については、一時所得として課税することとされています。
 
いずれにしても、労働争議は中小企業にとって致命的なダメージを負わせます。
そうなる前に、常日頃から労使コミュニケーションをとって、円満円滑な企業運営をしたいものです。


(山下事務所の外部ブレーンは強いですよ)土田


労働争議でお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!



スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード