FC2ブログ
山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
昨日は記録的な台風の影響で、早々退社したため、
ブログのアップが今日になりました。
私は家が千葉なので、軒並み千葉方面ゆきが運行停止となり、
秋葉原からの総武線ホームは殺人的混み具合で、
帰宅に一苦労となりました。

それはさておき、今年もすでに9月となり、
年明けまで4ヶ月を切りました。
そんな中、パート収入の上限を気にされ始める方も多いのではないでしょうか。

今までは、103万円の壁が存在しておりましたが、
今年から、制度は新しくなっておりますので、
以前から他の方も配偶者控除の改正はアップされていますが、
改めてご紹介いたします。

新しい配偶者控除・配偶者特別控除は、
すでに始まっており、平成30年分以後(住民税は平成31年度分以後)適用されます。
改正のポイントをまとめました。

所得控除額38万円の対象となる配偶者の年収の上限が、
103万円から150万円に引き上げられています。
配偶者控除の対象となる妻の年収はこれまでと変わりませんが、
配偶者特別控除が拡大され、
妻の年収が103万円超150万円以下なら、
夫は配偶者特別控除として38万円の所得控除が受けられるようになります。
ただし、夫が年収1,120万円以下(合計所得金額900万円以下)の場合に限られます。
この見直しによって150万円が新たな壁になるのかというと、
そうではなく、150万円を超えても、
妻の年収が約201万円まで配偶者特別控除が適用されるので、
これまで同様、手取りが一気に減ることはありません。

この改正は基本的に減税となっていますが、
納税者本人の所得が高額になるにつれて控除額が逓減・消失するため、
配偶者控除、配偶者特別控除いづれも増税になる方もおります。
具体的には、本人の年収が1,133万円を超えると逓減的に控除額が減少し、
1,220万円を超えるとゼロになります。

また、社会保険の扶養となる130万円の壁はいまだに現存しますので、
注意が必要です。

三橋

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!



スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード