FC2ブログ
山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
相続税においては、亡くなられた方(被相続人)が不動産貸付事業の用に供していた宅地等を被相続人の親族が相続等した場合には、一定の要件を満たす場合に限り、その宅地等のうち200㎡までの部分について相続税の課税価格が50%減額されることとなっております。
この規定は、被相続人のこれまでの貸付事業の継続に配慮して設けられているものです。

 しかし、近年、相続税評価額を下げることを目的として、被相続人が相続開始直前に貸付用不動産を購入し、意図的に要件を満たすことで相続税の負担を軽減する手法をとることが可能となっておりました。
 このような元々の趣旨に沿わない節税を防止するため、相続開始前3年以内に貸付事業の用に供された宅地等については、貸付事業用宅地等の範囲から除外されることとなりました。
 なお、相続開始前3年を超えて事業的規模で貸付業を行っている者で、適用を受ける宅地等が3年以内に貸付事業用宅地等のなっていたものである場合には、従来通り貸付事業用宅地等の対象となります。

この規定は、平成30年4月1日以後に相続等で取得した財産に係る相続税について適用されます。
ただし、同日前から貸付事業の用に供されている宅地については、この改正は適用されません。

金森
税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード