FC2ブログ
山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。
梅雨もあけ、先週から夏到来という気温ですね。

熱中症にお気をつけください。


さて、本日、国税庁より平成30年分の路線価が公表されました。



国税庁 路線価URL


全国約32万4千地点(標準宅地)の対前年変動率は、全国平均で0・7%のプラスとなり、3年連続で上昇した。

安倍晋三政権の経済政策「アベノミクス」を追い風に、都市部の大規模再開発や訪日外国人観光客のインバウンド需要の高まりが上昇を牽引(けんいん)した形。大都市圏と、地方の二極化傾向は依然として続いている。

都道府県庁所在地で最高路線価が上昇したのは33都市(前年27都市)。京都や神戸など10都市で上昇率が10%を上回った。

~中略~

路線価の全国1位は33年連続で東京都中央区銀座5丁目の文具店「鳩居堂(きゅうきょどう)」前の
銀座中央通りで1平方メートル当たり4432万円(前年4032万円)。

バブル期の平成4年に同地点で記録した全国最高路線価(3650万円)を2年連続で超え、過去最高を更新した。

(産経新聞より)


オリンピック効果もあってか、年々上昇してきているとは思っていましたが、バブル期を超えたことには
驚きです。


路線価は、相続税・贈与税の土地計算において、路線価×地積等と評価額を算定するのに実務上使用したります。


――――土地評価―――――

土地は、原則として宅地、田、畑、山林などの地目ごとに評価します。
土地の評価方法には、路線価方式と倍率方式があります。

イ 路線価方式
 路線価方式は、路線価が定められている地域の評価方法です。路線価とは、路線(道路)に面する標準的な宅地の1㎡当たりの価額のことで、千円単位で表示しています。

路線価方式における土地の価額は、路線価をその土地の形状等に応じた奥行価格補正率などの各種補正率で補正した後に、その土地の面積を乗じて計算します。


ロ 倍率方式
 倍率方式は、路線価が定められていない地域の評価方法です。倍率方式における土地の価額は、その土地の固定資産税評価額(都税事務所、市区役所又は町村役場で確認してください。)に一定の倍率を乗じて計算します。


――――――――――――


目黒区や渋谷区のある箇所の路線価を平成29年と30年と比較しても、1㎡あたり2万円も上昇していました。


相続税の課税財産の内、土地の占める割合はかなり高いと思います。
必然的に増税につながっている現況ですね。


高澤

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!






スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード