山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは、梅雨入りしてしまいましたね。
皆さまは冬季の衣類をどう保管していますか、
自分はクリーニングのお店の保管サービスを利用しています。
預ける際は必ずクリーニングをするという前提条件がありますが、
プラス100~200円ぐらいで半年保管してくれます。

さて、今回はあまり目にしない所得税法をご紹介します。

給与所得者が特定支出をした場合、その年の特定支出の額の
合計額がその年中の給与所得控除額×1/2を超える場合、
確定申告によりその超える部分の金額を給与所得控除後の
所得金額から差し引くことができる制度があります。

特定支出とは:
1 一般の通勤者として通常必要であると認められる通勤のための支出(通勤費)
2 転勤に伴う転居のために通常必要であると認められる支出(転居費)
3 職務に直接必要な技術や知識を得ることを目的として研修を受けるための支出(研修費)
4 職務に直接必要な資格を取得するための支出(資格取得費)
※平成25年分以後は、弁護士、公認会計士、税理士などの資格取得費も特定支出の対象となります。
5 単身赴任などの場合で、その者の勤務地又は居所と自宅の間の旅行のために通常必要な支出(帰宅旅費)
6 次に掲げる支出(その支出の額の合計額が65万円を超える場合には、65万円までの支出に限ります。)で、その支出がその者の職務の遂行に直接必要なものとして給与等の支払者より証明がされたもの (勤務必要経費)
(1) 書籍、定期刊行物その他の図書で職務に関連するものを購入するための費用(図書費)
(2) 制服、事務服、作業服その他の勤務場所において着用することが必要とされる衣服を購入するための費用(衣服費)
(3) 交際費、接待費その他の費用で、給与等の支払者の得意先、仕入先その他職務上関係のある者に対する接待、供応、贈答その他これらに類する行為のための支出(交際費等)

が該当します。

例えば、年収が300万円のサラリーマンがいます。
単身赴任旅費30万円
転居費いろいろ30万円
業務上必要な制服20万円を年間通して使ったとします。

給与300万 給与所得控除額X1/2= (300X30%+18)X1/2=54万
特定支出 30+30+20=80万 >54万 
80万 - 54万 =36万

本来の所得税金(細かい控除はないとして)
300 - 108 - 38 =154 X 5% = 77,000円
特定支出があった場合
300 - 108 - 36 - 38 =118 X 5% =59,000円

いっぱいお金使ったのに、税金はそれほど減っていませんね。
使い勝手が微妙かもしれません。
明日に使えない雑学ということで(笑

大倉

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード