山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
平成31年10月より、いよいよ消費税が10%になる予定で、
軽減税率も同日より適用となります。
もう忘れてしまった方も多いと思いますが、
軽減税率のわかりにくい部分を部分紹介いたします。

軽減税率8%で購入できる対象品目はいったい何にあたるのでしょうか?
軽減税率の対象品目には、
「酒類」
「外食」
「ケータリング・出張料理等」
を除く飲料食品、
定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞
とすることが盛りこまれています。

つまり言いかえると、
軽減税率 8%は

生鮮食品
加工食品
新聞

となり、

通常税率 10%は

酒類
外食

となります。

外食(10%)とは
・外食
・牛丼屋・ハンバーガー店での「店内飲食」
・そば屋の「店内飲食」
・ピザ屋の「店内飲食」
・フードコートでの飲食
・寿司屋での「店内飲食」
・ケータリング・出張料理等
・コンビニのイートインコーナーでの飲食を前提に提供される飲食料品

外食でない(8%)とは
・牛丼屋・ハンバーガー店のテイクアウト
・そば屋の出前
・屋台の軽食(テーブル・椅子等の飲食設備がない場合)
・寿司屋の「お土産」
・有料老人ホーム等での食事の提供
・コンビニの弁当・惣菜

とされています。

マクドナルドでテイクアウトで購入して、
やっぱりイートインしたらどうなるなどいろいろ物議をかもし出していますが、
レジ精算時にテイクアウトかイートインか選んだ際に課税されるようです。

次回は、軽減税率対応レジについてご紹介します。

三橋
税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!



スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード