FC2ブログ
山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。
所得税確定申告も終了し、新年度がもうすぐやってきます。


平成30年4月1日から酒税法等が改正され、一部の酒類において品目が変更になります。

○ビール定義改正の具体的内容

これまで、酒税法で規定されているビールの範囲は、次に該当するものであって、アルコール分が20度未満のものとされていました。

イ 麦芽、ホップ及び水を原料として発酵させたもの(以下、「イ号ビール」という)

ロ 麦芽、ホップ、水及び麦その他の一定の副原料(※1)を原料として発酵させたものであって、その原料に使用した麦その他の一定の副原料の重量の合計が麦芽の重量の100分の50以下のもの(以下、「ロ号ビール」という)

 ※1 「麦その他の一定の副原料」とは、麦、米、とうもろこし、こうりゃん、ばれいしょ、でん粉、糖類又は一定の苦味料もしくは着色料となっています。


今回の改正においては、ビールの定義について、①副原料の範囲、②麦芽比率、③ビールの製法、という3つの要件について一定の緩和が図られました。


具体的には、

①副原料の範囲については、「ロ号ビール」の副原料に関し、麦芽の重量の100分の5の重量の範囲内で、新たに「果実」や「コリアンダー等の香味料」が追加され、ビールの原料として使用することができるようになりました。


②麦芽比率については、「ロ号ビール」に関し、これまでビールの原料として使用する麦芽の重量のホップ及び水以外の原料の重量に対する比率が67%以上必要でしたが、これが50%以上に引き下げられました。


③ビールの製法については、「イ号ビール」または「ロ号ビール」にホップ又は一定の副原料(※2)を加えて発酵させたものを「ハ号ビール」として認めることとされました。

※2 イ号またはロ号ビールに加えることができる副原料はホップのほか、麦芽の重量の100分の5の重量の範囲内で、①で追加された「果実」又は「コリアンダー等の香味料」とされています。




ほか、果実酒にオークチップを浸してその成分を浸出させたものの品目は、従来「甘味果実酒」でしたが、
今回の改正で「果実酒」になります。

果実酒を蒸留したもの(アルコール分が95度未満)は「スピリッツ」から「ブランデー」に品目が変更になります。


高澤

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード