山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
先日、平成29年度分の路線価が公表されました。

全国トップは、例年通り銀座五丁目の銀座中央通りとなっており、1平方メートル4032万円で、
昨年度の3200万円から26.0%も上昇しております。
これは、過去最高であったバブル期(1992年)の3650万円を上回る金額です。

また、最も大きく路線価が上昇した地区は、スキーリゾート地として知られているニセコ地区の
道道ニセコ高原比羅夫線通りで、昨年度の1平方メートル9万6000円から17万円となり、前年対比で
77.1%も上昇しました。

理由としては、外国資本によるホテルの建設が多く行われているためで、
.近年、国外からの移住者も増えているとのことです。

そもそも路線価とは、宅地の評価額の基準となるもので、道路に面する標準的な宅地の
1平方メートル当たりの価格のことをさします。
国税庁が公表するもので、相続税や贈与税の課税価格を計算するときの基準となります。

つまり、相続が発生した場合においては、路線価が上昇するとその分、土地等の相続税評価額が増えることとなり、
納めるべき相続税額が増えたり、元々、基礎控除以下で相続税がかからなかった人までも納税義務者となる可能性もあります。

そのため、地主さんなどは路線価の上昇はあまり喜べない状況であると思います。

特に、不動産を多く所有されていた方の相続が発生した時に、現金などの納税資金が十分ない場合には、注意が必要です。

金森
税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!



スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード