山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
昨年7月にJR福岡駅の近くで約7億6,000万円相当の金塊が
盗まれた事件がありました。

また、福岡市内では、今年の4月にも金塊取引のため銀行から引き出した
現金3億8,400万円が強奪される事件が起きました。

相次いで事件が起きた背景には、金の密輸をめぐる闇ビジネスが
存在するそうです。

これまでの闇ビジネスの中心は覚せい剤の密輸であったのが、
2015年に入って以降、減少傾向に入っており、代わりに台頭してきたのが、
金地金の密輸であるそうです。

金の価格は、世界共通で売買され、そして一律に非課税であるのに対し、
日本では国内の売買には消費税がかかるため、1億円の金塊を国内の貴金属店は
1億800万円で買い取ることになります。

国内に金地金を持ち込む場合は、税関であらかじめ消費税8%(800万円)を
納めてから通関するのですが、入国時に申告せずに税関を抜け、
日本国内の買い取りショップで捌けば、800万円が差益となる仕組みです。

摘発されたほぼすべてが航空機利用の旅行者によるもので、
手口は体に巻きつけたり。手土産に隠したり、旅行バッグを工作などを行い、
仮に空港で密輸がばれても、申告忘れといえば、覚せい剤と違って、
違法性を問われないそうです。

国内に持ち込む品については、予算をかけてでも、
厳密なチェックを行うことも必要ではないでしょうか。
(体重計や手荷物の重量検査だけでも、多少はわかる気もしなくはないですが。。)

奥山

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード