山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
昨年の7月に相続情報の新制度のニュースについてアップしましたが、その新制度が来週の5/29から運用開始となります。

これまでは、相続が発生した場合、相続人全員分の現在の戸籍や亡くなられた方の出生から死亡までの戸籍を各市区町村から取り寄せ、全員分の本籍・住所・生年月日・続柄・法定相続分などを記した『関係図』を作成して、金融機関・法務局・税務署などへの手続ごとに必要部数揃えなければなりませんでした。

お亡くなりになられた方の出生から死亡までの戸籍を、最終の戸籍を取り寄せてから、順々に遡って出生に至るまでの戸籍を集めることは変わりませんが、手続ごとに戸籍を必要な部数揃えることはコストも結構掛かりますし、段取りがよくないとまた各市区町村から取り寄せたりと、、、。

新制度では、これらの戸籍書類の部数はかなり減らすことができるようになります。
おおまかな流れは下記の通りです。

①申出…戸除籍謄本等を収集し、『法定相続情報一覧図(前述の関係図)』を作成し、法務局に提出
②確認・交付…登記官が書類を確認し、認証した『法定相続一覧図の写し』を“無料”で交付
③利用…戸籍書類一式の代わりに金融機関・法務局などの各種相続手続きに利用可能

5/29の運用開始により、法務局はもちろんのこと、金融機関の中でも大手銀行は先んじて対応するようです。

税務署の対応は現在のところ、未定ではありますが、法務省が今後、財務省などにも新制度を説明していく方向で、法務局の相続登記の手続と同様に相続税の申告手続に『法定相続一覧図の写し』の代用を認めることになると思われます。


伊藤


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード