山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。

先日の法人税務調査で、法人税、消費税、源泉税などは特に問題なく、
是認で終わりましたが、提示した契約書類に印紙の貼付がなく、
印紙代を修正された事案がありました。
そう、印紙も立派な税であり、正確には印紙税の納付ということになります。

そもそも印紙税とは、日常の経済取引に伴って作成する契約書や領収書等に課税される税金です。
印紙を貼る必要のある「課税文書」に該当するものは、
国税庁が「印紙税額一覧表」に列挙しています。
一般的に売上代金が5万円以上の領収書は、
下記の要件を全て満たすため、課税文書に該当します。

印紙税の「課税文書」とは、
1)印紙税法別表第一(課税物件表)に掲げられている20種類の文書により
  証明されるべき事項(課税事項)が記載されていること、
2)当事者の間において課税事項を証明する目的で作成された文書であること、
3)印紙税法第5条(非課税文書)の規定により
  印紙税を課税しないこととされている非課税文書でないこと
の要件全てを満たすものを言います。


ところで、領収書をWEB形式で発行したり、
電子メールにより送付するなど電子的手段により行うものは電子文書とされます。
この電子文書は実際に文書が交付されないことから、
課税物件が存在せず、印紙税の課税要因が発生しないこととなります。

例えば、WEB上で発行された領収書を
証憑書類として保管するために印刷したものは、
コピーした文書と同様のものと認められるため、
課税文書に該当しないことから、印紙は不要とされます。


そのほか、クレジット販売の場合は、クレジット利用伝票のほかに
領収書を作成交付することがありますが、
このケースでは領収書であっても金銭又は有価証券の受領事実がないことから、
表題が「領収書」となっていても、課税文書には該当しません。
したがって、この領収書には印紙を貼る必要はないですが、
クレジットカード利用であることを領収書に明記しないと、
課税文書に該当することになってしまうので、注意が必要です。

近年はペーパーレス化のため、領収書に限らず、
契約書や注文請書などもPDFファイル等の形式で行うことも増えてきたため、
今後は印紙を貼らないような機会が増えてくると思われます。
ただし、こういった電子文書により印紙税の課税を回避することは問題になっているようで、
電子文書と紙の文書との間での課税の公平性も欠いていることから、
将来的には電子文書にも課税するような法改正があるかもしれません。

三橋

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!







スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード