山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
国税OB税理士が消費税の軽減税率について語られた記事がございましたので御紹介いたします。
平成28年度税制改正では、消費税に軽減税率という極めて厄介な制度が導入されました。軽減税率の大きなデメリットとして言われることですが、軽減税率が適用される品目の線引きが極めて難しいこと問題になります。実際のところ、報道では給食は軽減税率で学食は標準税率、ペットフードも人が食べられるという意味では軽減税率の対象になる、などとよくわからない議論が国会でなされているようです。
 このような事態は容易に想定されるわけですが、当の財務大臣は「混乱はある程度覚悟しなければならない」とか「(線引きについて)完璧に準備できない」などと、無責任極まりない発言をしています。完璧に準備できないなら、混乱が少しでも小さくなるよう議論を尽くし、その資料を広く公開しておくといった対応をすべきですが、軽減税率は政治的な妥協の結果として、極めて短期間のうちに改正項目に上がったという、立案としてあり得ない状況の下で成立しています。
(納税通信 第3417号より)

重川
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード