山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは、いよいよ忘年会シーズンに突入しましたね。
 
直前の健康診断で「E」をいただいた自分にとっては辛い時期かもしれません。(笑)
飲食店側からしたら忙しくて、嬉しい時期ですね。
みなさまはもう忘年会のお店を押さえていますか?

クレジットカードの手数料が高いからカード不可のお店が増えている中
今回は現金支払時にもらう領収書についてのお話です。

領収書に貼る200円の収入印紙のラインが3万円から5万円に引き上げられましたが。
今でもたま~に4万円の領収書に印紙が貼られているのを見かけます。
そして、気をつけないといけないのは「貼るだけ」ではだめです。

以下、国税庁より
------------------------------------------------------------------------
印紙税の納付は、通常、作成した課税文書に所定の額面の収入印紙をはり付け、印章又は署名で消印することによって行います。
この印紙をはり付ける方法によって印紙税を納付することとなる課税文書の作成者が、その納付すべき印紙税を課税文書の作成の時までに納付しなかった場合には、その納付しなかった印紙税の額とその2倍に相当する金額との合計額、すなわち当初に納付すべき印紙税の額の3倍に相当する過怠税が徴収されることになります。
ただし、調査を受ける前に、自主的に不納付を申し出たときは1.1倍に軽減されます。
また、「はり付けた」印紙を所定の方法によって消印しなかった場合には、消印されていない印紙の額面に相当する金額の過怠税が徴収されることになります。
なお、過怠税は、その全額が法人税の損金や所得税の必要経費には算入されませんのでご注意ください。

(印法20)
 ------------------------------------------------------------------------

そうです、消印が必要となります。うっかり消印を忘れたりすると印紙税の納付
とは認められません。


大倉

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!

Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!


 
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード