山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんばんは

そろそろインフルエンザ予防注射と健康診断の時期になりますね。
(また診断書に食べすぎ、飲みすぎと書かれる予感)

今回は割賦とリースの違いについての話です。

1.割賦販売
分割払いによる支払いを前提とした商品販売をのことで、月賦とも言われます。
2か月以上の期 間にわたり、3回以上に分割して支払う事を指します。
商品購入時にすぐに全額を支払わず、支払いや返済を一定期間に渡って行うことにより、高額商品でも購
入し易く、支払いの計画化、合理化が図られ易いというメリットがあります。

2.リース契約
広い意味での賃貸借取引(お金を出して借りること)を意味します。
これは使用者に代わってリース会社が購入し、それを使用者に貸し出すという形式の契約形態で、物件
価格・金利・保険料・手数料等を含めた代金を月額いくらという風に支払います。
リース料の全額が経費、リース期間満了時に最新のものへの入れ替えなどメリットがある半面、中途解
約が出来ないデメリットもあります。

割賦にするか、リースにするか、についてですが、例えば車をリースで使う場合自動車税を支払ってくれたり
するのはメリットと言えますが、業績が急に下がるなどの予期せぬ事態に陥った時に、残リース料を支払わないと
売却処分することは出来ないという意味では、困ったことなることが想定されます。
この点、割賦の場合未払い金相当額の支払い義務があるものの、売却した値段で全額または一部カバー
できます。


大倉


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード