山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
おはようございます。


すっかり秋の様相を呈してきた日々が続くようになりましたが、


そろそろ秋服への衣替えでしょうか。


さて今回は、修繕費の取り扱いについての記事を納税通信


よりご紹介します。



☆ 修繕費(経費計上)と資本的支出(資産計上)の取り扱い


   模様替えをするための修理・改良などが、固定資産の


  使用可能期間を延長させたり、価値を増加させたりするのであれば、


  延長・増加部分に対応する金額は修繕費にはなりません。


資本的支出として資産に計上し、減価償却で費用化していきます。


   資本的支出の代表例として、①避難階段の取り付けなど


具体的に付け加えた部分の金額、②用途変更のための模様替えなど


改造や改装に直接必要な金額、③機械の部品を品質や性能の


高いものに 取り替えた費用のうち、通常の取り換え費用を


  超える部分の金額、などが挙げられます。


   用途を変更することなく、従来と同程度の材質のものを使用して


壁紙を取り替えたのであれば、前記の②に該当しません。そのため


  修繕費として費用計上することができます。ただし、壁紙に


  合わせてカーテンを取り付けると、①に該当するので資産計上


することになります。


   修繕費であるか資本的支出であるかは、「修繕費」や「改良費」


といった名目で判断するのではなく、その実質で判断します。


  工事の内容を見積書などから具体的に検討することが重要です。



さとう


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード