山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
顧客紹介者に支払う情報提供料は、事業に必要なものであれば、原則として損金に計上できます。ただし、支払う会社によって取扱いが異なるので注意が必要です。紹介してくれたのが情報提供を業務としている会社であれば経費として損金計上できます。しかし、情報提供を業務としていない会社なら交際費になります。支払い先が紹介してくれた会社の従業員でも同様に交際費です。情報提供を業務としていない会社への支払いでも、次の3つの要件を満たせば交際費になりません。①金品交付があらかじめ締結された契約に基ずくものであること②提供を受ける役務の内容が、契約で具体的に明らかにされていて、かつ、これに基ずいて実際に役務の提供を受けていること③交付した金品の価額がその提供を受けた役務の内容に照らして相当であると認められること 情報提供料の支払い時には基本的に源泉税を差し引く必要はありません。支払い時には住所、氏名などを記載した領収書を発行してもらうようにしましょう。

                                                             前田
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード