山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
おはようございます。
今日は生憎の雨。少しは涼しくなるといいですね。


さて、創業記念や永年勤続表彰などで記念品を支給する企業は多いかと思います。

その支給する記念品が給与として課税されないためには、


1)支給する記念品が社会一般的にみて記念品としてふさわしいものであること。
2)記念品の処分見込価額による評価額が1万円(税抜き)以下であること。
3)創業記念のように一定期間ごとに行う行事で支給をするものは、おおむね5年以上の間隔で支給するものであること。


との全ての要件を満たす必要がある。


記念品の支給や旅行、観劇への招待費用の負担に代えて現金、商品券などを支給する場合には、その全額(商品券の場合は券面額)が給与として課税されます。
また、本人が自由に記念品を選択できる場合にも、その記念品の価額が給与として課税されます。特に、旅行券の支給には注意してください。
一般的に、旅行券は有効期限もなく、換金性もあり、実質的に金銭を支給したことと同様になるので、原則として給与等として課税されます。


ただし、課税されない要件がある。それは、


1)旅行の実施は、旅行券の支給後1年以内であること。
2)旅行の範囲は、支給した旅行券の額からみて相当なもの(海外旅行を含む)であること。
3)旅行券の支給を受けた者がその旅行券を使用して旅行を実施した場合には、所定の報告書に必要事項(旅行実施者の所属・氏名・旅行日・旅行先・旅行者等への支払額)を記載し、これに旅行先等を確認できる資料を添付して会社へ提出すること。
4)旅行券の支給を受けた者が、その旅行券の支給後1年以内に旅行の全部又は一部を使用しなかった場合には、その使用しなかった旅行券は会社に返還すること。


との要件を満たしている場合は、給与等として課税しなくても差し支えないとされております。

永年勤続者の表彰に当たり、旅行に招待する場合は課税対象とならないが、旅行への招待に代えて、例えば、10万円の旅行券などを支給する場合は注意が必要です。


また、この旅行券を購入した場合は、消費税の取扱いにも留意してください。もちろん、お中元等で商品券等を贈った場合と同様に非課税取引ですが、この場合の旅行券は商品券の贈答とは異なり、会社で使用する切手と同じです。切手も厳密には買ったときには非課税取引であって、使ったときに課税仕入になります。それでは実務上不便なので買ったときに課税仕入にすることが認められております。

この場合の旅行券も、上記の要件をクリアして給与扱いにならないものであれば、切手と同様に自ら使用するものになるので継続適用を条件としてその旅行券を取得した日に課税仕入とすることが認められている。


長谷川


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード