山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
 こんばんわ
 
 自分は通勤途中にラジオを聴いていますが、ちょくちょく交通道路情報で事故の情報が耳に入って来ます。事故を起こしたいとは誰も思わないですが、やはり人間なので、ついつい慢心でミスを起こしたりしますね。
 
 今回は会社所持車で駐車違反をした時の罰金について簡単にご紹介します。

 平成18年に道路交通法が改正され、内容を簡単に説明しますと「駐車違反の違反金は運転者が納付するのだが、責任追及ができない場合、車の持ち主つまり車検証等の登録上の使用者に違反金の納付を命ずることができるようになった」ということになります。
 
 例えば、A社の従業員Bさんが会社の車で駐車違反をし、会社がその違反金を支払った場合の税務上の扱いについて

 ○業務の遂行に関連がある場合:
 違反金:他の罰金と同じく損金算入不可
 (なぜかというと、違反金を損金と認めると、結果的に税金を個人や会社の罰金に使ってしまうのと一緒だからです)
 レッカー代などの実費:損金算入が可能

 ○業務の遂行に関連がない場合:
 全部の違反金や実費は本来が運転者Bさんが負担すべきの所を会社が負担したため、賞与とみなされ、損金算入が可能
 (ただし、運転者が役員の場合、役員賞与とみなされ、損金不算入となります)ですが、源泉所得税の対象となります

 晴れの日と比べて雨天の交通事故率は高くなっています。梅雨の季節は降水量が多く、路面が滑りやすくなっているため、特に注意が必要ですね。


大倉



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード