山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんばんは。

今回は日々皆様が管理している、請求書、領収書(レシート)等の取り扱いについてご説明させていただきたいと思います。

法人(個人)は、帳簿を作成し、その取引を記録するとともに、その帳簿と取引等に際して使用した請求書、領収書等を、その事業年度の確定申告書の提出期限から7年間保存しなければなりません。
例えば、平成27年3月決算の法人の場合は、申告期限が5月になりますので、平成34年の5月まで保存しておかなければならないということになります。
  また、法人が、取引情報の授受を電磁的方式によって行う電子取引をした場合には、原則としてその電磁的記録(電子データ)をその事業年度の確定申告書の提出期限から7年間保存する必要があります。
また、ただ保存するだけでなく、取引の種類ごとに整理しておくことも大切です。

確定申告が終わってもすぐに破棄しないようご注意下さい。。



高橋
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード