山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
おはようございます。


  今回は税務通信からの記事をご紹介します。


- 『下請企業の従業員等に支給する記念品』の取り扱いです。 -


 交際費等とは,得意先や仕入先その他事業に関係のある者に


対する接待,供応,慰安,贈答等の行為のために支出する費用をいう。


ただし,専ら従業員の慰安のために行われる運動会,演芸会,旅行などの


ために通常要する費用は除かれ,福利厚生費等とされる( 措法61の4 )。


この点,「専ら従業員の慰安のために」とされていることからすれば,


基本的には,自社の従業員に対する費用以外のものは福利厚生費等に


該当しないことになる。しかし,自社の従業員以外の者に対するものでも,


自社の従業員等に準ずるものとして支給する一定の金品については,


交際費等と取り扱わないものもある。


例えば,自己の工場内,工事現場等において従事している「下請企業の


従業員等」のために支給した見舞金品,表彰金品又は運動会,演芸会,


旅行等の費用の負担額については,交際費等に該当しない。


これは,実態として自社の従業員等と同様の事情にある者に対するもの


であることから,業務委託のために要する費用として交際費等とはしない


こととしたものだ( 措通61の4 (1)-18)。


  同様の考え方ができそうなものに,創立○○周年などを記念して支給


される記念品がある。従業員等に支給される記念品に係る費用については,


一定の要件を満たした場合,交際費等に該当しないと考えられる( №3308 ・53頁)。


この記念品について,「下請企業の従業員等」に支給した場合の取扱いを


明らかにしたものはないが,自社の工場内,工事現場等において従事している等,


実態として自社の従業員等と同様の事情にある者に対し,自社の従業員等と


同様の記念品を同様の基準で支給した場合,個別のケースにもよるが,


交際費等には含まれないと考えられる。



いよいよGWに突入で天候もいいみたいで絶好の行楽週間に


なりそうですが、あまりにテンションが上がりすぎて怪我など


しないように気をつけたいですね。


さとう


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード