山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
世の中には、境目がありますが、
通常は目に見えません。


無礼講だからと言われて、
その通りにしたら、所長や先輩から、
たらふく酒を飲まされて、あとでその意味を知ることになります。


では、税務署が考える住宅について、
住宅ローンから境目の考察をしたいと思います。


まず、税務署が考える住宅とは、何㎡だと思われますか?


正解は、50平米です。


少子化の中で、単身世帯は、考慮の対象外ということでしょうか。
(つまり、50㎡以下のワンルームマンションを購入しても対象外です)


では、収入については、いかがでしょうか。


合計所得金額が、3,000万以下でなければいけません。


つまり、合計3,000万超の人は、お金を持ってるんだから、
住宅ローン控除を受ける必要はないでしょと言っています。


つまり、税務署は、所得が、3,000万円以上の人は、
お金持ちという定義をしています。


住宅ローン控除にみる、境目の話でした。


奥山
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード