山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
 だんだん、秋らしくなってきました。
 まだ、暑い日もありますがお身体は大丈夫ですか?


 さて、今年4月から消費税の中間申告義務がない事業者も、「任意」の中間申告(年1回・半期)を行うことができるようになっているのをご存知でしょうか?
 

 事業年度が1年の法人については、平成26年4月1日以後開始する(27年3月決算分)から、個人事業者の場合は27年分から適用されます。これまでは、確定消費税額が60万円(地方消費税額を含む年税額)以上の事業者に対して義務付けられてきました。


 しかし、事業者の消費税納付のための資金繰りなど厳しい法人や個人のお客様もいるかと思います。平成24年8月の税と社会保障一体改革で、確定消費税額が60万円以下の事業者についても、自主的に中間申告・納付ができる制度が設けられた。ただし、留意事項も少なくない。まず、任意の中間申告制度を適用しようとする場合、中間申告書を提出しようとする課税期間の開始日から6月以内に、「任意の中間申告書を提出する旨の届出書」を税務署長に提出する必要があります。

 
 届出書の提出後、一定の時期に税務署から直前の課税期間の確定消費税額の中間納付額が記載された中間申告書と納付書が送られてきます。
 注意しなくてはいけないのが、任意の中間申告といえども、中間申告書を提出したものの、納期限までに納付されない場合には、延滞税が課される場合がありますのでご注意ください。


 さらに、中間申告書をその申告対象期間末日の翌日から2月以内の提出期限までに提出しなかった場合には、中間申告対象期間の末日に、「任意の中間申告制度の適用をやめようとする旨」を記載した届出書があったものとみなされる。つまり、中間納付をすることができなくなってしまいます。


ご質問や不明点等がありましたら、当事務所の担当者にお問い合わせください。


長谷川


税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード