山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
これから夏休みに入る方も多いかと思います。田舎への帰省や海・山など夏には楽しいイベントがいっぱい!


 でも、乗り物酔いをするという方はいませんか?
一部の方は、せっかくの車や飛行機でのお出かけが、乗り物酔いのせいでちっとも楽しめない、酔い止め薬を飲んでも、イマイチ効かないなんてこともありますよね。

そこでこんな記事がありましたのでご紹介。

なんと乗り物酔いを防いでくれるメガネ「ボーディングリング」!! 
20140718-00010011-pouch-000-1-view.jpg
参照:boarding ring


でも、ホントにかけるだけで効き目はあるんでしょうか?
そもそも乗り物酔いは、平衡感覚をつかさどる三半規管が察知する動きと、目で見て感じる動きが異なることが原因で起きるのだそうです。メガネを見てみると、レンズの周りとつるに計4つのリングがついていて、リングの中には青い液体が半分ほど入っています。この液体が視野に入る状況と、三半規管がある内耳の感覚の2種類の情報を脳に送ることによって、乗り物酔いの原因となる「知覚と感覚の混乱」をなくすという仕組みになっているのだそうです。

値段は、amazonや楽天で2万円近くで購入可能。乗り物酔いで悩んでいる方はぜひ試してみてはいかがですか?


良く、眼鏡は医療費控除?にという質問が来ますが、この眼鏡を買っても医療費控除にはなりません。
医療費控除の対象になるのは、国税庁のHPにこのように書かれています。


~~以下、国税庁のHPより~~

医師の治療を受けるため直接必要なものであれば、眼鏡の購入費用も、医療費控除の対象となります。

 眼鏡の購入費用は、一般的な近視や遠視の矯正のためのものは医療費控除の対象とはなりませんが、医師等の治療等を受けるため直接必要なものであれば、医療費控除の対象となります(所得税基本通達73-3)。この場合の医師の治療を受けるため直接必要な眼鏡の購入費用としては、例えば、視機能が未発達の子供の治療を行っている医師が、当該子供の視力の発育を促すために眼鏡の使用を指示した場合において、当該指示に基づいて購入する眼鏡の購入費用や、白内障の患者が、術後の創口の保護と創口が治癒するまでの視機能回復のために一定期間装用する眼鏡の購入費用のようなものがあります。
 これらの例示からわかるように、眼鏡の購入費用で医療費控除の対象となるものは、医師による治療を必要とする症状を有することが必要であり、かつ、医師による治療が現に行われていることが必要です。
 なお、医師による治療を必要とする症状を有するかどうかは、医学の専門家以外の者には判定が難しく、また、現に医師による治療が行われているかどうかをどのような方法で証明(確認)するかといったような問題もあることから、厚生労働省では、社団法人日本眼科医会に対して、次のように指導しています。

1 医師による治療を必要とする症状は、次に掲げる疾病のうち一定の症状に限られるものであること。
・ 弱視、斜視、白内障、緑内障、難治性疾患(調節異常、不等像性眼精疲労、変性近視、網膜色素変性症、視神経炎、網脈絡膜炎、角膜炎、角膜外傷、虹彩炎)

2 医師による治療を必要とする症状を有すること及び現に医師による治療を行っていることを証明するため、所定の処方せんに、医師が、上記1に掲げる疾病名と、治療を必要とする症状を記載すること。

 なお、この場合の眼鏡のフレームについては、プラスティックやチタンなど眼鏡のフレームの材料として一般的に使用されている材料を使用したものであれば、特別に高価な材料を使用したものや特別の装飾を施したものなど奢侈にわたるものを除き、その購入費用も、医療費控除の対象となります。


とありますので、この車酔いを防ぐための眼鏡は残念ながら医療費控除にはなりません。

でも、楽しく旅行などを過ごすには買ってみるのもいいかもしれないですね。


長谷川



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード