山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
難病の医療費助成拡大 「難病医療法」が5月23日に参院本会議で成立した。医療費助成の対象となる特定疾患を約300種類に増やし、患者の自己負担を3割負担から2割負担に引き下げる。だが、同時にこれまで自己負担なしだった重病患者にも負担を求めることとなった。負担額については所得や症状について異なる。上限額は一般患者で月3万円まで。現行の助成対象の疾患は、パーキンソン病、ベーチェット病、悪性関節リウマチなどの56疾患で、約300種類に拡大する。今後厚生労働省は第三者委員会を設置し、具体的な対象疾患や基準について決めることとなる。制度適用は来年1月からとなる。難病などの長期的な治療が必要になる患者は、継続して医療費負担の生活が強いられる。難病患者のこれまでの医療費負担については「特定疾患治療研究事業」として、医療費負担の3割の一部を国と都道府県が助成していた。新法の財源には消費税増税分もあてられる。また同日に子供の慢性疾患の医療費助成の拡大に関する「改正児童福祉法」も成立した。助成対象は小児がん、気管支ぜんそくなどの514の疾患から約600に拡大される。

                                                         前田
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード