山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
オフィスが老朽化した建物だと、冬の間は底冷えが厳しい○断熱対策をしていない古い建物は、内部の熱が外に逃げてしまうため、暖房の利きも悪い○ドアの窓などの一番外気が入り込みやすいところだけを部分リフォームして断熱化するだけで熱効率はよくなるという○快適な職場環境は従業員の健康をサポートし、業務の生産性の向上にもつながる○グリーン投資減税制度は、環境への負担軽減や企業の設備投資を促すことを目的に創設され、最新の省エネ機器や低炭素設備などを導入することで税優遇が受けられるもの○対象は青色申告書を提出する個人または法人で、中小企業にとっては費用の問題もあるが、電力不足や省エネが叫ばれる中、結果としてコスト削減になる○対象設備の中には、「高断熱窓設備」があり、建物の窓の面積の90%以上の部分に規定の「断熱・遮熱機能を備えた高断熱窓ガラス」を設置することで、中小企業であれば①取得価額の7%の税控除、②取得価額の30%を特別償却のどちらか有利な方を選択できる○太陽光発電や最新のエネルギー利用設備が中心だとして「活用のメリッ
トはない」としている企業でも、LED照明も対象設備に含まれているため、中小企業も十分活用の余地はある◦要件の取得価額とは、ガラス代金、施工費、配送料などの発注にかかった総額になる制度が適用されるには平成28年3月31日までに対象設備を取得する必要があり、かつ1年以内に事業のために使用した場合になる◦



                                      前田
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード