山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
おはようございます。


相変わらずの不安定な気候が続きますが、


体調と花粉症に留意してください。


さて、今回は会社が広告宣伝用にホームページを作成したときに


かかった費用はどのように扱われるかの記事を納税通信より


ご紹介します。



 『 昨今、インターネットの普及に伴い、たくさんの会社がホームページを


開設しています。


 このホームページの製作に係る費用は、原則として、そのホームページの


引き渡しを受けた時の損金とすることができます。


 これは、ホームページが、


 ①通常、会社や新製品の広告宣伝のために制作され、その内容は頻繁に


 更新されるため、制作費用の効果が1年以上に及ぶことはまれであること、

 
 ②通常のホームページの中にはソフトウェア(コンピュータプログラム)


 が組み込まれていないことから、このような取り扱いになっています。


 従って、試用期間が1年を超えるようなホームページを作成したような


場合には、一時の損金として処理することはできず、繰延資産として、


その使用期間に応じて均等償却をしていかなければなりません。


 また、データベースやネットワークへアクセス出来るような仕組みと


なっている場合には、その費用の中にコンピュータプログラムの作成費用が


含まれていると認められますので、制作費用のうちこれらのプログラムの


作成費用に相当する金額はソフトウェアの開発費用として5年間で


均等償却していかなければなりません。 』


ご注意ください。




さとう



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!






スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード