山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
12月に入り年末調整の時期となりましたので、昨年の年末調整と比べて変わった点を書いていきます。


① 復興特別所得税の課税
復興財源確保のため復興特別所得税が導入されたことにより、平成25年1月1日から平成49年12月31日まで、納付すべき所得税額に2.1%を乗じた金額が上乗せされます。


② 収入金額が1,500万円を超える場合
給与等の収入金額が1,500万円を超える人の給与所得控除額が、245万円の定額となります。昨年までは1,000万円超の場合の給与所得控除額は、収入金額の5%+170万円でしたが、245万円が上限となりました。


③ 特定役員の退職所得「2分の1課税」廃止
退職所得は、退職手当額から退職所得控除額を引いた金額に2分の1を掛けて所得金額を計算しますが、役員としての勤続年数が5年以下の人(特定役員)は、退職手当額から退職所得控除額を引いた金額を2分の1する措置が廃止されました。


以上3点になります。③の「2分の1課税」廃止の理由は、短期間で天下りを繰り返し、退職ごとに受け取る多額の退職手当に対して税優遇が受けられることを防ぐ意味合いが濃いそうです。
 
 
風間



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード