山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
 税務調査シーズンたけなわなので、今回は税務調査ネタです。
全国の税務署では、少ない人員で高いパフォーマンスを発揮するため、
事前に対象法人について徹底的に調べつくすといいますが、
その際に活用さているのが各種資料情報です。
法人事業概況説明書等の法定資料だけでなく、
調査などを通じて集めた細かい資料情報などその内容は実に多岐にわたり、
徹底的にデータ化、分析されたうえで税務調査に活かされるようです。

 なかでも当局が重要視しているのが、
調査官が足で集めてきた独自の資料箋です。
例えばリベートや外注費、交際費などに関連する情報は、
好不況に関係なく集められている定番資料です。
とくにリベートは「金額が大きい割には受領した側が申告しないケースが多い取引」として
昔から税務署が関心を寄せる取引のひとつです。
同様の観点から立退料や遠隔地取引、同一年度中1回限りの取引、
一定額以上の不動産の権利金などに関する資料も密かに集められています。


 社長の趣味や個人資産も資料化のターゲットになりやすいです。
会社のロビーや応接室に飾ってある絵画彫刻などは真っ先にチェックされ、
車やゴルフなどと合わせて「社長の趣味」に追記されます。

 
 こうした資料の数々はさまざまな機会を捉えて収集されていますが、
「税務調査も資料収集の大きなチャンス」だといます。
今まさに調査シーズ真っ盛りですが、調査の現場では、
本流の税務調査と平行して、こうした資料収集も行われています。

三橋
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード