山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今回は「永年勤続者への記念品」についてお話ししたいと思います。
 


給与以外にも従業員に現物や金銭で支払うものの中に、給与に該当するとして源泉徴収が必要となるものがあります。長年にわたって勤務している人へ、記念品の支給をすることがあると思いますが、これもその例外ではありません。
 


現金支給をした場合には、その全額が給与として課税されてしまいますが、記念品の支給については以下の3点を満たしている場合には給与課税はされません。
① 記念品が社会通念上相当な金額以内であること
② 概ね10年以上の在職者に対して支給されるものであること
③ 5年以上の間隔を置いて支給されること
 


また、旅行券や商品券の場合は、流通性が高く、換金性も比較的可能なことから、原則として給与課税がなされますが、旅行券に限っては次の要件を満たしている場合は、給与課税となりません。
① 旅行券支給後1年以内に旅行を実施すること
② 旅行の範囲は支給した旅行券から相当なものであること
③ 旅行実施後、報告書及び資料等を提出すること
④ 旅行が1年以内に行われなかった場合にはその旅行券を会社に返還すること

永年勤続者へ表彰される際には、お気を付けください。

風間
 

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!



Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!

スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード