山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
パッケージデザインは宣伝費か製造原価か
人の第一印象が顔で決まるように、商品の売れ行きも「顔」に大きく左右される。商品の顔と言えば、消費者がまず目にするパッケージデザインだ。新商品が売れるかどうかは、その味や性能の良し悪しもさることながら、パッケージデザインも重要な要素になってくる。お金をかけてテレビや雑誌等で大々的に宣伝しても鳴かず飛ばずだった商品が、パッケージデザインを一新した途端に飛ぶように売れるようになったというのはよくある話。そのためメーカーなどが販売促進のために社運をかけて自社製品の容器デザインを一新するケースも珍しくないが、この場合、デザイン料に関する税務には注意が必要だ。容器に社名や商品名が大きくプリントされている場合、デザイン変更にともない発生した料金は「広告宣伝費」扱いになると考えがち。しかし、商品のパッケージや容器は商品の一部を構成するものであるため、そのデザイン料も商品の一部を構成する費用、つまり、容器作成のための費用ということになる。従って、この種のデザイン料は広告宣伝費扱いにはならず、容器の製作原価扱い、つまり商品そのものの製造原価ということになる。ただし、製造原価への配賦方法についてはデザインの内容によって取扱いが微妙に異なってくるので注意が必要だ。配賦方法は、そのデザインが意匠登録されているか、されていないかで異なってくる。意匠登録されている場合は、無形固定資産の取得価額となるので減価償却費の計算にもとずいて製造原価に配賦。意匠登録されていない場合は、製造予定期間に応じて、製造原価に配賦することになる。




                                     前田
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード