山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
こんにちは。


今回は、会社設立時の留意点についての記事をご紹介します。




設立1期目の会社で設立前の損益がある場合にこれをどうすればよいか


ですが、会社が出来上がるまでに経費を支出したり、売り上げが上がる場合に


法人税の基本通達では、次のように規定しています。


・法人の設立期間中にその設立中の法人について生じた損益は、その法人の


その設立後最初の事業年度の所得金額に含めて申告することができるものとする。


・ただし、設立期間がその設立に通常要する期間を超えて長期にわたる場合における


その設立期間中の損益または当該法人が個人事業を引き継いで設立されたもので


ある場合における当該事業から生じた損益については、この限りではない。


 従って、原則として、設立前の損益は第1期目の損益に含めることとなるのですが、


この場合においても、法人の事業年度開始の日は法人の設立の日に変わりありま


せんので、間違えのないようにしておいてください。


 なお、現物出資により設立した法人のその現物出資の日から当該法人の設立の日


の前日までの期間中に生じた損益は、、その法人のその設立後最初の事業年度の


所得金額の計算に含めて申告することとなります。


さとう



税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


Facebook 始めました
『いいね!』 よろしくお願いします!














スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード