山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
本日は住宅ローン控除の制度について、
お書きしたいと思います。

住宅ローン控除とは、次の①と②の金額のどちらか低い方の
1%を税金から還付される仕組みです。

①年末の住宅ローン残高

②物件の取得金額

例えば、3,000万の物件で3,000万のローンを組んでいたら、
その1%である30万円が国税から還付されます。
(国税から引ききれない場合は、地方税から控除されます)


住宅ローン控除の制度については、
複数の要件(10年以上の借入金、50㎡以上、年間合計所得3,000万以下)
等がありますが、通常、サラリーマンが家を買う場合には、
ほとんどのケースで適用されます。

ところで、この制度ですが、10年間1%が戻り続けるという仕組みは、
年間の借入利息を1%国が補助しているということになります。

ちょっと待ってください。最近、長期・短期ともに金利が上がっていますが、
1%を切る変動金利もいくつかあります。

もし、住宅ローンの利率が0.8%で、
住宅ローン控除が1%であれば、0.2%が逆ザヤで、
得してしまうということが起きてしまいます。

市中の金利は、国債の利率に連動するそうなのですが、
そのリスクを見極めれば、10年間住宅ローン控除を受け終わった後に、
身内からお金を借りて、一括返済なんていう方法も考えられます。

ただ、市中の利息は、国債の利率に連動しているので、
国債のリスクを見ながら、しっかりと選択する必要があります。

奥山
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード