山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
今日、興味深い判決が出ましたね。
各種メディアで取り上げられているので、目にされた方も多いのではないでしょうか。
 
以下、産経新聞より引用


競馬で稼いだ所得をいっさい申告せず、平成21年までの3年間で所得税計約5億7千万円を脱税したとして、所得税法違反罪に問われた元会社員の男性被告(39)の判決公判が23日、大阪地裁で開かれ、西田真基裁判長は懲役2カ月、執行猶予2年(求刑懲役1年)を言い渡した。

 公判の最大の争点となった「外れ馬券の購入費が経費にあたるかどうか」については、男性の得た競馬の払戻金は「雑所得」に当たると認定し、外れ馬券の購入費は必要経費と判断。男性が申告しなかった所得を約1億6千万円、脱税額を約5200万円と認定し、「外れ馬券も経費に認めるべきで、男性の所得は約1億4千万円にすぎない」としていた弁護側の主張に近い判断を示した。

 公判で検察側は、「競馬の勝ち負けは1レースごとに決まる」として、もうけは所得の種類の中の「一時所得」と指摘。一時所得は所得税法で「収入に直接要した金額を経費とする」と定めていることから、「経費と認められるのは当たり馬券の購入費だけ」と主張していた。

 これに対し弁護側は、「元会社員は多種類で多数の馬券を継続的に購入していた」ことから、一時所得に当たらないと反論。「外れ馬券も含めたすべての馬券の購入がなければもうけは生まれなかった」として、外れ馬券を含めた購入総額が原資だから経費に算入するべきだ、と求めていた。


 
この判決、今まで学校やらなんやらで所得税を勉強した人間にとっては、
「( ‘ jjj ’ )/」
↑こんな感じです↑
これを見ても、なんのこっちゃ!?と思われた方には、仕方ないので説明しますと、とってもとってもビックリしたと、そういうことです。
 
ま、税理士事務所のブログにあるまじきことですが、面倒なので税法の面倒な仕組みは省略します。面倒だからです。
ですが、今まではどうだったかと言えば、、、
「競馬、当たった!!外れた!!今日はチャラだった!!」
という場合でも課税対象はあったんです。
しかも、最悪なことに、
「当たった!!外れた!!外れた!!今日は負けた!!」
という場合でも課税対象はあったわけです。
これが、平たく言えば、今回の判決は、、、
 
気合いを入れて買って買って買いまくって、当たり!当たり!当たりました!!
でも!!ところがどっこい、ハズレもハズレ、ハズレも多かった!!
で、結果チャラだったら、所得はナシ!
 
↑こんな感じです。
 
個人的には全くハマれない競馬ですが、ちょっと税法的にも興味深かったので今回はご紹介してみました。
(紹介してないですね、税法の説明全部すっ飛ばしてました)
 
ここでこのログが終わった時点で、皆さんから、
「( ‘ jjj ’ )/」
こんなコメント入ったら、個人的にはシメた!!という感じです。
 
 
(「あまちゃん」が大好きです)土田
 
 
税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード