山下事務所 所員のブログ
税理士山下事務所の所員が持ち回りで日々の出来事を綴っていきます。
平成25年の税制改正で交際費の損金不算入制度及び中小法人に係る損金算入の特例について改正がありました。


現行の中小法人の交際非課税制度  
 法人が支出した交際費は、租税特別措置法により、原則として損金不算入とされていますが、中小法人(資本金1億円以下の法人)については、定額控除限度額(年600万円)まで、交際費支出の90%相当額について損金算入が認められています。
この「交際費の損金不算入制度」及び「中小法人に係る損金算入の特例」の適用期限は、平成26年3月31日までです。


年800万円までの交際費を全額損金算入可能に  
 交際費等の損金不算入制度における中小法人に係る損金算入の特例について、定額控除限度額が800万円(現行:600万円)に引き上げられるとともに、定額控除限度額までの金額の損金不算入措置(現行:10%)が廃止されます。




これまでは、損金になるのは年間600万円まで。しかも、そのうちの10%は損金から除外されていました。
600万円払って、最大で540万円が損金。
でも今後は、10%カットがなくなり、限度も800万円まで広がるので800万円までは、丸々損金になるということです。
最大で260万円、損金の幅が広がることのなるのです。

たとえば、同じ600万円の支払いでも、60万円損金が増えることに。


平成25年4月1日~平成26年3月31日に開始する事業年度に適用されます。
1年間だけの減税となりますのでご注意ください。



長谷川

税金のことでお困りですか?税理士 山下事務所にご相談ください!


スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

税理士 山下事務所 所員

Author:税理士 山下事務所 所員
税理士 山下事務所 
東京都中野区本町3-30-14
http://www.office-y-y.com/

カテゴリー

リンク

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード